知床プリンスホテル 風なみ季

目的に合わせた過ごし方をご提案

お電話でのお問い合わせは0152-24-2104まで

目的にあわせた過ごし方をご提案

1日目

PM3:00チェックイン
ちょっと早めのチェックイン

待ちに待ったこの日。知床の丘の上のホテルに近づくにつれ、その期待も高まる。
落ち着いた雰囲気のロビーに招かれ、ちょっと気取ってチェックイン。どこか懐かしい雰囲気と、スタッフの笑顔にほっと心が安らぐよう。非日常の2日間がはじまったことを実感。

PM3:30温泉
まずは“知床の湯”を体感

今回の旅の目的の1つが“知床の湯”をたっぷり味わうこと。お部屋でちょっと寛いだ後は、レトロな雰囲気の大浴場に直行。

PM5:30絶景に浸るひととき
オホーツクが真っ赤に
    染まる様子は感動的!

沈む夕陽が海面に朱色の筋をつくる春から秋、流氷で白く覆われた海面が黄金色に染まる冬、それぞれに美しく印象的です。

PM6:30夕食
旬の味覚をビュッフェ形式で

ホテル特製のお料理を心ゆくまで召し上がっていただける
バイキング形式のレストラン。
お料理は和食・洋食あわせて約40種類。
もちろんフルーツやデザートも充実しています。

PM8:302回目の温泉
まずは“知床の湯”を体感

散策でひと汗かいたら温泉へ。
古くから愛されてきたウトロ温泉は、お肌がすべすべになる泉質を多く含み、美人の湯としても知られています。心地よく肌をつたう湯の温もりが、疲れた体を癒してくれます。

PM11:30就寝
おしゃべりとおやすみと

布団に横たわりながらのおしゃべりは、
とても心地よく、ゆったりと充足されていく気分。
ごく自然に眠りに入っていくよう。
おやすみなさい・・

2日目

AM6:303回目のお風呂
露天風呂で目覚める

いつもは朝弱い私たちが、自然に早起きができた。ベッドのおかげで、ぐっすりと熟睡できたのだろう。朝食の前に当然お風呂。
こんな爽やかな朝を迎えたのは何年ぶりだろう。

AM8:00
まずは“知床の飯”を体感

心地よい空腹感を感じながらレストランへ。明るい陽ざしのもと運ばれた朝食は、目も楽しませる内容で、テンションが少しアップ。健康と美味しさにこだわったというだけあって、身体も喜ぶ、私にうれしい朝食

AM9:30お買い物
自分へのお土産も忘れずに

チェックアウト前に、売店でお買い物。ホテルオリジナル商品や知床の銘品に目移り。
食塩だけで作られた鮭トバが大人気。ちゃっかり自分用にお買い求め。

AM10:00チェックアウト
次の帰館に思いを馳せて…

少し寂しさを感じながらホテルを出発。でも充実感に満たされ、何倍も元気になった感じ。
「次いつ来る?」そんな会話が自然にできる私たちに少し驚いた。